コラム|不動前駅の歯科・歯医者【不動前さくら歯科クリニック】

精密な根管治療で歯の寿命を延ばす

重症化した虫歯には、歯の根っこの治療が必要になります。

専門的には「根管治療(こんかんちりょう)」と呼ばれるものですね。

この治療が上手くいくかどうかで、歯そのものを残せるかが決まりますので、大変重要なものといえます。

そこで当院では、ていねいで精密な根管治療を実現するために、マイクロスコープを導入しております。

マイクロスコープってなに?

マイクロスコープとは、ものを拡大して見るための顕微鏡のことです。

おそらく皆さんも、理科の実験などで使ったことがあるかと思いますが、歯科治療に用いるのは「歯科用顕微鏡」という、少し特別な装置となっています。

このマイクロスコープを使うことで、治療中の視野を肉眼の20倍にまで拡大できるため、精密な根管治療が可能となります。

他院で抜歯と診断された方へ

根管治療というのは、歯科治療全体の中でもかなり難易度の高いものとなっています。

なぜなら、根管内はそのすべてを肉眼で確認することは不可能だからです。

そうなると、これまでの経験や勘に頼った処置となってしまうため、どうしても精度が低くなり、抜歯をしてしまった方が予後が良いケースも珍しくないのです。

そういう意味で、他院で抜歯と診断されることは決して間違いではないのですが、当院であればマイクロスコープによる精密根管治療が可能であるため、歯を残すことができるかもしれません。

歯を残すことの大切さ

歯は、例え歯冠の大部分が崩壊してしまったとしても、残せるのであれば残した方が良いです。

どんなに優れた補綴物でも、天然の歯に優ることはないからです。

それだけに当院では、積極的にマイクロスコープを活用して、患者さまの歯の寿命を少しでも延ばせるよう努めております。

まとめ

このように、マイクロスコープによる精密な根管治療であれば、他院で抜歯と診断された場合でも、歯を残せるかもしれませんので、歯の根の治療でお困りの方はお気軽に当院までご相談ください。