コラム|不動前駅の歯科・歯医者【不動前さくら歯科クリニック】

セラミック治療を受けるメリット

皆さんは、ご自身の歯の色や形などが気になったことはありませんか?

とくにレジンや金属製の人工歯を装着されている方は、不自然な色合いや質感材料の経年的な劣化に悩まされていることかと思います。

そんな方には、たくさんのメリットを享受できるセラミック治療がおすすめです。

セラミック治療とは

セラミック治療とは、文字通りセラミックを材料として失われた歯質を回復させる治療法です。

保険診療では、基本的に歯科用合金やレジンなどの材料しか使えないため、セラミック治療を行うことはほとんどありません。

それだけに、そもそも治療の選択肢から外してしまう方も少なくありませんが、それはとてももったいないことだといえます。

なぜなら、セラミックを使うことで、天然の歯に限りなく近い形で失われた歯質を補うことができるからです。

色や質感が天然歯に酷似

セラミックのサンプルを見ていただければわかるかと思いますが、歯科用陶材というのは天然の歯の色や質感に酷似しています。

しかも、色を調節することができるため、患者さまお一人おひとりに最適な人工歯に仕上げることができます。

硬くて劣化もしない

セラミックは、非常に硬い素材ですので、よほど大きな衝撃が加わらない限りは、欠けたり、折れたりすることはありません。

また、材料としての安定性も高いため、経年的な変色や摩耗なども起こりにくくなっています。

つまり、セラミックというのは、銀歯やレジンと比べて美しく丈夫で、いつまでもそのままの状態で使い続けることができる材料といえるのです。

まとめ

このように、セラミック治療であれば、天然歯に近い形で欠損部を補うことができます。

そうしたメリットは、保険診療のレジンや銀歯では得られないものです。

もちろんその分、費用が少しお高くなりますが、再治療が少なくなることも踏まえると、決して割高な治療ではないといえるのではないでしょうか。

そんなセラミック治療についてさらに詳しく知りたい方は、ぜひ当院までお越しください。