審美治療|不動前駅で歯科をお探しの方は不動前さくら歯科クリニックまで

審美治療 -cosmetic-

COSMETIC 審美治療

美しくて健康的な
白い歯に
メタルフリーで身体に
やさしい歯科治療

  • むし歯になりにくい素材で治したい

  • 銀歯を白い歯に変えたい

  • 前歯の形を整えたい

  • 変色した歯を白くしたい

  • 歯ぐきの色が気になる

  • すきっ歯を治したい

このようなお悩みは、審美治療で解消できる可能性があります。
「口元」はお顔の第一印象を左右する重要なパーツです。輝く白い歯はお顔を明るくし、健康的で清潔感のある印象を与えます。
口元に自信が持てないと、人と話すときに手で隠したり、心から笑えなかったりと、日常生活におけるストレスの原因になることも。審美治療によって歯並びを整えると、他人に与える印象がよくなるだけでなく、気持ちも前向きに変わって堂々と振舞えるようになるでしょう。

金属アレルギー発症のリスクを減らします

審美治療では、陶器である「セラミック」を主に使用します。保険診療で使用される銀合金と比較しても生体親和性が高く、身体にやさしい素材です。銀歯は、高温多湿なお口の中で錆びやすく、徐々に溶け出します。長い時間をかけて体内に蓄積し、ある日突然、金属アレルギー反応が出ることがあるのです。顔や手に湿疹が出たり、粘膜の炎症、味覚障害などが起きても、まさか原因がお口の中の金属だと気付かずに不調を抱えたまま生活している方もいらっしゃいます。
セラミックは見た目の美しさだけでなく、全身の健康を維持するためにもおすすめの素材です。

保険診療と自由診療の違い

保険診療は、基本的な機能の回復を目的に行うため、使用できる素材や治療法が限定されています。
一方、自由診療では、機能面だけでなく見た目にもこだわって、素材や治療法を自由に選ぶことが可能です。
当院では、自由診療を無理にすすめることはありませんが、長期的に見てメリットがあると考えられる場合は、選択肢のひとつとしてご提案することがあります

ご希望やご予算に応じた
素材をご提案

セラミックの種類

ひとことにセラミックといっても、複数の種類があります。美しさや強度などに違いがあり、使用する場所によって適しているものは異なります。それぞれの特徴や患者さんのご要望に合わせてお選びいただけます。

ハイブリッド
セラミック

セラミックと歯科用プラスチックを合わせたものです。オールセラミックに比べると美しさは劣りますが、費用を抑えることができます。セラミックの硬さとプラスチックの粘り強さを兼ね備えた素材です。金属アレルギーを発症する心配はありません。

オールセラミック

内側も外側もすべてセラミックだけで作られているのが「オールセラミック」です。天然の歯のような透明感のある白さが再現されます。耐久性が高く、長期にわたって安定して使用できます。強い衝撃が加わると割れる可能性があるため、奥歯には適していません。

ジルコニアセラミック

人工ダイヤモンドとよばれるジルコニアを使用したものです。強度と耐久性に優れているので、奥歯にも安心して使用できます。白さや透明感はオールセラミックと比較して、若干劣ります。金属は使用していない、安全性の高い素材です。

メタルボンド

外側はセラミック、内側には金属製のフレームを使用した歯科素材です。金属を使用しているため、強度はありますが、金属アレルギーの発症と歯ぐきの変色のリスクがあります。また、内側の金属が透けないように、光を通さないセラミックを使用するため透明感が再現されません。

マイクロスコープを使用した
審美治療

不動前さくら歯科クリニックでは、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を活用した審美治療を行うことがあります。
マイクロスコープは患部を照らしながら、最大20倍の大きさに拡大するため、しっかりと目で見て施術を行うことが可能です。
審美治療では、形成物そのものの色や形だけでなく、歯との調和が重要です。
歯と形成物のすき間を限りなくなくして、ぴったりと合うように装着することで、二次むし歯やその他のお口のトラブルを予防できます。
美しさと機能面を追求した精度の高い審美治療にはマイクロスコープが有効になります。

定期検診・メンテナンスでセラミックを長持ちさせましょう

セラミックはプラスチックと比較して、耐久性が高い素材ですが、長く安定してお使いいただくためには、メンテナンスが重要です。

日常的に歯ぎしりや食いしばりをしていたり、何らかの衝撃が加わったりすると、セラミックに過度の負担がかかります。気が付かないうちにヒビが入ったり割れたりしているケースも珍しくありません。
また、歯磨きの仕方が悪いと、汚れが付着し変色の原因になります。歯ぐきが下がってしまうほどの強い力で歯磨きをしていると、セラミックが合わなくなる可能性も。

ご自身で異常に気が付くことは難しいので、定期的にプロの目でチェックを受けておくと安心です。定期検診では、セラミックの状態やかみ合わせを確認します。磨き残しがあれば、歯ブラシの選び方や歯磨きの方法についてアドバイスします。
歯磨きでは落とせない汚れは、クリーニングでしっかりと除去してお口を清潔に保ちましょう。
当院では、メンテナンスにも力をいれていますので、安心しておまかせください。