歯科口腔外科|不動前駅で歯科をお探しの方は不動前さくら歯科クリニックまで

歯科口腔外科 -oral surgery-

ORAL SURGERY 歯科口腔外科

親知らず、口内炎、
顎や舌の違和感、
お口周りのケガなどは
歯科口腔外科へ相談を

お口のお悩み
セルフチェック

このようなことでお困りなら
歯科口腔外科の受診を

  • 口にケガをして歯が折れた、抜けた

  • 口の中をケガして出血がある

  • 舌が痛い、痺れるなどの違和感がある

  • 口の中に白いできものがある

  • 口内炎を繰り返して治らない

  • 口を開けると顎の関節が痛い

  • 顎がガクガクする

  • 親知らずが痛い

  • 口を開くと顎やこめかみが痛い

  • 口を大きく開けられない

  • 口を開けるとポキポキ、ジャリジャリと音が鳴る

歯科口腔外科とは?

歯科口腔外科とは、お口やお口周り、顎や顔面のケガなどの外科的疾患から、口内炎やお口の中のできもの、口腔がんなどの内科的疾患にも対応しており、お口のあらゆるお悩みにお応えしています。
内科の知識もあるので、持病があるため歯科治療を受けるのを迷っている方も、全身の状態を確認しながら治療ができます。安心しておまかせください。
お口の機能を損なうと、健康な毎日を送ることが難しくなります。どのような小さな違和感でも放置せず、早めに治療を受けるようにしましょう。

歯科口腔外科で診察している
主な症状

歯科口腔外科では、お口やお口周りのケガから、歯が抜けた、折れたといった症状まで対応します。また、複雑に生えた親知らずの抜歯、顎関節症のさまざまな症状の改善、舌や粘膜の異常や違和感、繰り返す口内炎などにお悩みの方、口腔がんの診断まで行っています。

親知らずが気になる

親知らずは、奥歯の一番奥に生える永久歯のことで、10代後半ごろから生えてくる方が多いです。
歯ブラシが届きにくく歯が磨きにくいため、むし歯になるリスクが高く、トラブルの多い歯といえます。歯ぐきに半分埋まっている状態の親知らずは、特に歯が磨きにくいため、注意が必要です。
横向きや斜めに生える場合もあり、その場合は隣の歯を押して強い痛みを感じることもあります。親知らずが生えてきたら、定期的に検診を受けましょう。

顎に違和感がある

顎の痛みや、大きな口を開けられない、顎の関節から音がなるなどは、顎関節症の症状かもしれません。生活習慣やストレス、ケガなどが原因とされていますが、治療で症状が軽減できる可能性があります。
肩こりや頭痛なども併発するおそれもあり、当院ではマウスピースを使用した治療で症状の改善をめざします。顎関節症の予防のために、日常のクセや生活習慣の見直しのアドバイスも行います。
症状が重く、痛みがひどい場合は我慢せずにできるだけ早く歯科口腔外科を受診しましょう。

舌や粘膜に起こる
症状と病気

舌に見た目の異常がないのに、ピリピリした痛みやしびれなどが生じる症状を「舌痛症(ぜっつうしょう)」といいます。ストレスと密接な関係がありますが、舌の痛みや違和感があれば、歯科口腔外科を受診しましょう。症状によっては神経内科を紹介することもあります。
また、「味覚障害」も舌の病気の1つです。舌の異常には、栄養バランスの崩れや、他にもさまざまな病気が原因となっている可能性もあるため、他科との連携が必要になるケースがあります。

口内炎が治らない

なかなか治らない口内炎や繰り返す口内炎にお悩みの方は、歯科口腔外科を受診しましょう。
口内炎だと思っていたら、実は口腔がんだったというケースもあります。
口腔がんは、目に見えるところにできるがんなので、早期発見が可能です。白いできもののようなしこり、ブツブツとした腫瘍など、お口の中の異常や違和感があれば、できるだけ早くご相談ください。
また、むし歯の詰め物があっていない、かみ合わせが悪い、などが繰り返す口内炎の原因となることも。当院では、口内炎の原因を探り、症状の軽減をめざします。

歯が抜けたときの対処法

ケガやスポーツ事故などで歯が折れてしまっても、元に戻せる可能性があります。折れた歯の破片を持って、できるだけ早く歯科医院を受診してください。
歯は乾燥させないように牛乳に浸してお持ちいただくのがよいのですが、ご自身のツバなどで濡らす方法もあります。
処置をできるだけ早く行えば、元に戻る確率が高くなります。慌てず落ち着いてご来院ください。

歯科用CTでより詳細な診断を

通常のレントゲンと歯科用CTのレントゲンを組み合わせることで、骨の形や幅を立体的にとらえられ、より詳細な診断を行えます。
撮影時間も約1分。被ばく量も少なく身体への負担も抑えられます。
より精度の高い検査結果が出るので、治療も安心して受けていただけます。歯科用CTは、親知らずの抜歯や、折れた歯の再生治療などの外科治療に欠かせず、正確な治療を行うためにも必要な設備といえるでしょう。