インプラント|不動前駅で歯科をお探しの方は不動前さくら歯科クリニックまで

インプラント -implant-

IMPLANT インプラント

ご自身の歯のように噛める「インプラント」で
いつまでも快適で幸せな毎日を

インプラント
セルフチェック

インプラントはこのような
方におすすめです

  • 入れ歯が合わなくてしっかりと噛めない

  • 硬いものでも気にせずに食べたい

  • 口をあけたときに、入れ歯の金具が目立つ

  • 天然の歯のような噛み心地を取り戻したい

  • インプラント治療が気になる

  • 残っている歯を大切に守りたい

インプラントとは?

インプラントは、失った歯を補う治療法のひとつです。
歯を失った部分の顎の骨に、人工歯根の代わりとなるインプラント体を埋め込み、アバットメント(土台)を固定します。
その上に、セラミックなどで作られた人工歯を装着して、歯の機能を補います。
しっかりと安定して自立するので、まわりの歯に負担をかけません。ご自身の歯と変わらない噛み心地が再現され、機能面は天然の歯に劣りません。また、どこを治療したかわからないほど自然な仕上がりで、見た目にもご満足いただける治療です。

インプラントと入れ歯・
ブリッジとの違い

同じように歯を補う治療法として、入れ歯やブリッジと比較されることが多いですが、入れ歯のように不安定で噛みづらいということはありません。また、ブリッジのようにまわりの歯に負担をかける心配も不要です。
しっかりと安定して、食事や会話を楽しんでいただけます。入れ歯やブリッジでお悩みの方に、インプラントがおすすめの治療法です。

「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」
保険適用保険が適用されます。目立たない入れ歯など、保険が適用されない入れ歯もあります保険が適用されます。人工歯の素材によっては保険が適用されないケースも保険が適用されません
ズレやすさ装着中にずれたり外れたりすることがありますずれる心配は不要ですが、支えとなる歯の状態によって安定しないこともあります顎の骨にしっかりと固定されるため、ズレたり外れたりすることはありません
よく噛める天然歯と比べて大幅に不十分天然歯の約2/3ほど天然歯とほぼ同じ噛み心地
周囲への影響まわりの歯や歯ぐきを支えにするため、ダメージを与えます両隣の歯を削ってから柱として使用するため、負担がかかります自立するため、まわりの歯や組織に負担をかけることはありません
寿命お口の変化に合わせて、調整したり、定期的に作り変えたりする必要があります平均して7年ほど使用できますが、作り変えが必要になるケースもありますメンテナンス次第で長期的にご使用いただけます

インプラント治療の流れ

外科手術を伴うインプラント治療には、多くのプロセスがあります。
お口の状態や治療する本数によって異なりますが、治療には一定の期間が必要です。

STEP1検査と治療計画

まずはカウンセリングにて、患者さんのお悩みやご要望をおうかがいします。
持病や服用しているお薬など、全身の健康状態や生活習慣についてもお聞かせください。

次に、精密検査を行います。かみ合わせの状態を確認するために歯型を取り、歯科用CTでお口全体の状態を把握します。

カウンセリングの内容と検査結果をもとに、治療計画を作成し、ご説明します。
治療計画にご同意いただけましたら、治療を始めます。

歯科用CTで安全性の高い治療を実現します

骨の内部には神経や血管が通っています。インプラントを埋入する際に、誤って傷つけてしまうことがないように、事前にしっかりと位置関係を把握しておかなければいけません。
歯科用CTは従来のレントゲンとは異なり、立体的な映像が撮影できます。骨の量や厚みに加えて、神経や血管の位置など、インプラント治療に必要な情報をくわしく得ることが可能です。正しい位置に埋入することで、安全性の確保だけでなく、術後の経過もよくなり、長く安定してインプラントをお使いいただけます。

STEP2初期治療

インプラント手術を行う前に、お口の中を健康な状態にしておかなければいけません。むし歯や歯周病があれば、そちらの治療を優先して行います。

STEP3インプラント体の埋入

局所麻酔を使用して、歯ぐきを切開し、インプラント体を顎の骨に埋め込みます。
傷口が塞がり、インプラント体と骨が結合するまで、待機していただきます。
個人差はありますが、平均して3カ月ほどの待機期間が必要です。

STEP4歯の型取り・仮歯の装着

人工歯を製作するために歯の型取りを行います。
まずは仮の歯でかみ合わせを調整してから、精密な人工歯を作ります。

STEP5人工歯の装着

歯ぐきが健康な状態に戻ってから人工歯を装着して、治療は完了です。

STEP6メンテナンス

インプラントを長く使っていただくためには、メンテナンスが重要です。
汚れを溜めないように毎日の歯磨きを丁寧に行ってください。また、定期検診も欠かさないようにしましょう。

定期検診(メンテナンス)が必要な理由

定期検診の目的は、お口の状態を把握し、病気などのトラブルを未然に防ぐことです。

■インプラント歯周炎

インプラントの周囲に歯垢が溜まると、歯周病のように歯ぐきが炎症し、歯を支える骨を溶かしてしまう「インプラント周囲炎」が起こります。治療後のトラブルで最も多く、インプラントの脱落につながるため注意が必要です。かみ合わせの不具合が原因で、インプラントやその周辺に負担がかかり、インプラント周囲炎を発症することもあります。インプラント周囲炎を予防するためにも、定期検診でお口のチェックを行い、クリーニングでお口を清潔に保ちましょう

■インプラント歯周炎

自覚症状がないままに、人工歯が割れたり欠けたりしていることもあります。
ぐらつきやかみ合わせの不具合もご自身で気が付くことは難しいものですので、定期検診でこまめにチェックしていると安心です。

ストローマンインプラントについて

インプラント治療で重要なのは、インプラントのメーカーです。
当院では、スイスのストローマン社製インプラントを使用しています。
現在数十種類のインプラントメーカーがあり、かなりの低価格な製品もありますが、安全面を考慮して長い歴史と実績の高いストローマン社を選択しています。

Back To TOP
〒141-0031
東京都品川区西五反田4丁目29-14 2F
診療時間 日・祝
10:00~13:00 - -
14:30~19:30 - -

★:土曜は9:00~12:00 / 13:30~18:30 
休診日:木曜・日曜・祝日

  • 各種保険取り扱い
    保険診療を主軸に診療を行っています。
    自由診療は選択肢の一環としてご説明し、ご希望の方に行います。
  • 予約優先診療
    待ち時間軽減のため、原則予約制で診療しています。
    ご予約はお電話(03-6417-9268)もしくはWEBにてご連絡ください。
  • 急患随時受付
    柔軟に対応しております。混雑している場合はお待たせすることもございますので、ご来院いただく前に一度お電話(03-6417-9268)にてお問い合わせください。