院内・設備紹介|不動前駅の歯科・歯医者【不動前さくら歯科クリニック】

不動前さくら歯科クリニックは、
安心して通院できる医療体制が整う
「歯科外来診療環境体制(外来環)」の基準をクリアした歯科医院です。

院内紹介

  • 不動前駅・不動前さくら歯科クリニック

    受付・待合室 スタッフが明るく笑顔でお迎えし、丁寧な対応を心がけております。
    何か気になることやお困りのことがありましたら、気軽にお声がけください。

  • 不動前駅・不動前さくら歯科クリニック

    パウダールーム 明るく清潔なパウダールームです。ゆったりとしたスペースで、診療前後の歯磨きやお化粧直しなどにご利用いただけます。

  • 不動前駅・不動前さくら歯科クリニック

    特別診療室 長時間の治療や手術の際は、衛生管理がしやすい完全個室の診療室にご案内しております。プライバシーに配慮しながら、くつろいで治療を受けていただくことができます。

  • 不動前駅・不動前さくら歯科クリニック

    診療室 圧迫感や緊張感を感じないように広々としていますので、リラックスして治療を受けていただけます。

  • 不動前駅・不動前さくら歯科クリニック

    カウンセリングルーム 診療室とは別にカウンセリングルームを設け、落ち着いてお話できる環境をご用意しております。

設備紹介

  • 不動前駅・不動前さくら歯科クリニック

    CT

    歯科用CTは3Dの立体映像でお口の中を撮影できます。
    歯、神経、血管の位置、顎の骨の厚みなどを鮮明に映し出せるため、平面的なレントゲンよりも精密な診査・診断を行うことができます。

  • 不動前駅・不動前さくら歯科クリニック

    マイクロスコープ

    国内ではまだ導入率の低い、歯科用顕微鏡「マイクロスコープ」を導入しています。
    歯は非常に小さく、さらに歯の中の根となると1mm足らずと非常に小さいため、肉眼で捉えることはできません。 マイクロスコープは肉眼の最大20倍の視野で、明るく照らし歯の状態をしっかり診ながら治療ができます。 そのため患部の取り残しがなくなり、再治療のリスクを大幅に低減することが可能です。

  • 不動前駅・不動前さくら歯科クリニック

    クラスB滅菌器

    高性能な「クラスB」の滅菌器を導入しています。
    この滅菌器は、日本ではまだ数パーセントしか普及していない特別な滅菌器です。真空と蒸気注入を繰り返すことで、複雑な器具でも高温の水蒸気をすみずみにまで行き渡らせて、ウイルスや細菌などすべての菌を完全に死滅させられることが大きな特長です。
    使い捨てのできない治療器具はこの滅菌器を使って滅菌処置を行っておりますので、清潔な状態で治療を受けていただけます。

  • 不動前駅・不動前さくら歯科クリニック

    タービン用滅菌器

    歯を削るタービンは繊細で複雑な構造をしており、通常の滅菌器では滅菌ができないため、専用の滅菌器が必要です。
    近年タービンの使い回しの問題がメディアでも大きく取り上げられましたが、当院では治療器具と同様にタービンも、常に滅菌されたものに患者さんごとに取り換えております。

  • 不動前駅・不動前さくら歯科クリニック

    説明ツール

    症状や治療内容について、言葉だけで説明しても印象になかなか残りにくいものです。 そこで当院では説明用のソフトを使って、3Dアニメーションや映像で 視覚的にわかりやすい説明を行い、患者さんの理解を高める工夫をしています。

  • 不動前駅・不動前さくら歯科クリニック

    MTAセメント

    滅菌した根管(歯の根)をより緊密に封鎖するために、MTAという特殊な材料を用います。このMTAセメントを使用することで、穴が空いてしまった歯、歯が薄くなってしまった歯、治りにくい歯を治すことが可能になってきています。まだ日本で使用する歯科医院は少ない、生体親和性や封鎖性に優れ、抗菌性も兼ね備えた注目の材料です。

歯科外来環境施設基準歯科医院とは?

厚生労働省が定めた、安心・安全な環境が整っている歯科医院の基準のことです。
下記のような緊急時の対応が整い、衛生管理が行き届いていることが条件で、
不動前さくら歯科クリニックはこの基準をクリアした歯科医院として認められています。

  • 医療安全対策研修を終了した歯科医師が1名以上常駐している
  • 歯科衛生士が1名以上常駐している
  • 緊急時に対応できる医療機器(AED、酸素ボンベ及び酸素マスク、血圧計、パルスオキシメーター)を備えている
  • 緊急時にスムーズな対応ができるよう、他の保険医療機関と連携体制が結ばれている
  • 口腔内で使用する機器が専用の機器で確実に洗浄・滅菌が行われている
  • 患者さんごとに治療器具を交換し、血液を介して起こる感染症予防対策を十分に行っている
  • 感染症患者に対する歯科診療時、ユニットの確保などを含めた診療体制を常時保っている
  • ユニットごとに治療時に飛沫する粉塵や唾液、血液などを吸収できる口腔外バキュームを設置している